職業|ジャンル別用語集|レディースファッション情報や流行を追うならファッションの花道


ファッションの花道ロゴ



トップページ » 職業用語集

職業の用語集

アートディレクター

アートディレクターはデザイナー、カメラマン、レイアウトマン、コピーライターを総合的に指揮することで、目的に適した作品づくりを達成するための役職。
アート・ディレクターの機能は広告にファッションデザインとの適確性、アイデア、イメージ、統一性、変化を与えることにあり、複雑に職能が分化し、バラバラになりがちな部門をまとめる役割を持っている。

クチュリエ

ファッションでは、フランス語で男性の裁断師のことを指す。
主にパリのオートクチュールの主任デザイナーの総称として用いることが多い。
メゾンのデザイン責任者としてデザイン、裁断、縫製、営業宣伝活動に至るまで全てを統括する役割。

スタイリスト

  • 雑誌、TV、ファッションショーの撮影などの撮影において、企画や人物のイメージに合わせたスタイリングをする人。ウェア、カラーコーディネート、アクセサリーなど選択し、トータルでコーディネートを行う人。
  • ブランドのコンセプトに合わせたイメージのカラー、素材などをつくりあげていく人。
  • スティリスト(スタイリスト)という言葉がフランスでは使用されるが、これは上記の意味があるだけではなく、プレタポルテのデザイナーのことも指す。またそれがオートクチュールになるとモデリストの助手役でオリジナル・デザインを考案する人を言う。
  • ※モデリスト・・・クチュリエの考案したデザイン通りに作品見本を作る人

    テキスタイルデザイナー

    テキスタイルデザイナー(textile designer)とは、布地の織り柄・編地・刺繍・プリント柄などのデザイナーをさす。
    衣類はもちろんのこと、インテリアのファブリック、寝装品類などの素材としてマッチしたものをデザイン・創作する。
    織物などの生地のデザイナー、糸そのものを企画するテキスタイル・デザイナー、布地にプリント・織柄をデザインするデザイナーと幅広い。

    テーラー

    スーツなど紳士服の仕立て屋、洋服屋、裁縫師。寸法取りやデザイニング、チャコ引き、型紙起こしなど一連の流れをさす。
    「tailor」の語源は「to cut」で狭い意義では「裁断」を意味する、あるいは意味するところからテーラーという言葉が生まれたとされる。
    婦人服(レディースウェア)の仕立てをさす「ドレスメーカー」の対語とされるが、近年は婦人服でもテーラリングの技術が用いられるようになった。

    ドレスメーカー

    婦人服(レディースウェア)の仕立てをする人をさす。 本来、フランス語でいうクチュリエをさしていたが、現在、クチュリエは、おもにオートクチュールのデザイナーをさしている。
    現在ではドレスメーカーはデザイナーなどドレスの製作者全般をさしている。
    関連で、ドレスメーキングは婦人服の「仕立て」を意味する。

    モデリスト

    婦人服(レディースウェア)の仕立てをする人をさす。
    本来、フランス語でいうクチュリエをさしていたが、現在、クチュリエは、おもにオートクチュールのデザイナーをさしている。
    現在ではドレスメーカーはデザイナーなどドレスの製作者全般をさしている。
    関連で、ドレスメーキングは婦人服の「仕立て」を意味する。

    LINK

    ボストンバッグ
    レスポートサックは、豊富なバリエーションでボストンバッグを筆頭としたバッグを目的に応じて」デザインやサイズをお選び頂けます。
    www.lesportsacglobal.com/