「か行」から始まるディテール・テクニックの用語集|ジャンル別用語集|レディースファッション情報や流行を追うならファッションの花道


ファッションの花道ロゴ



トップページ » ディテール・テクニックの用語集 » 「か行」

「か行」から始まる用語集

カットワーク

布地に書いた図案の上をステッチで縫っていき、その内側の地布を切り抜いてレースのようなすかし模様をつくる切抜き刺繍のこと。

カモフラージュプリント

カモフラージュプリントとは、カモフラージュ柄のプリントのこと。
カモフラージュとは「偽装、迷彩」という意味。
自然と同化し、自然に溶け込むようなプリントで、迷彩柄がその代表。

ガンフラップ

トレンチコートなどに、右肩から胸にかけて付けられた布のこと。
基本的には無双仕立ての共布が使用される。
ライフル銃の銃床を支え、撃ったときの衝撃から体を守るためのものと言われているが、身頃の前端を覆い雨や風の進入を防ぐことができるため、ストームストラップ(Storm Flap)とも呼ばれる。

キルティング

キルティングとは、保温(防寒)、装飾などの目的で、表布と裏布の間など2枚の布の間に、羽毛、綿や毛の芯をはさみ、ステッチで押さえたものをさす。
キルティング・コートは、2枚の布の間に、羽毛、羊毛などを入れて、幾何模様を刺子縫いにしたキルトで仕立てたコート。

ギャザー

ギャザーとは、布を縫い縮めたひだのこと。
また、ひだを寄せる技法のこと。柔らかい雰囲気を出すことができ、婦人服やウエスト、袖口などに多く用いられる。

クルーネック

クルーネックとは、丸首型のネックラインのこと。 クルーとは「船の乗組員」という意味で、もともと彼らのセーターの特徴が語源と言われている。
カットソー(Tシャツ)やニットに多く見られる。
ネックラインには様々あり、タートルネックは首全体を包む衿型で、VネックとはV字型にカットされたネックラインのことを指す。

グレーディング

グレーディング(grading)とは、立体裁断や平面裁断でつくられた標準寸法の型紙を、必要なサイズに応じて拡大したり、縮小したりすること。
サイズ変更にあたっては、各サイズが同シルエットで、デザインや全体のバランス、比率が同じになることが重要とされている。
また、グレーディング・ポイントとは、サイズの拡大・縮小を行う際の基点となる型紙上の位置。

ゴージライン

衿刻みの縫い目線。
ゴージとはテーラード・カラーで、上衿と下衿の接点にある「衿の切れ込み」を言う。
ゴージとはもとは「喉」の意味で、これは背広の原型が立ち襟の軍服にあったことを示している。
ゴージラインの高低や角度の違いで時々の流行が表現される。